OEKfan   オーケストラ・アンサンブル金沢を応援するページ  管理人:金沢市在住hs(C)

このページは,オーケストラ・アンサンブル金沢(略称OEK)を応援するページです。 OEKの演奏会を楽しむために役立つ情報を満載したいと考えています。
2022年1-2月の演奏会 backnumber

■2022年01月23日(日) 14:00~ 金沢歌劇座
オペラ《禅 ZEN》世界初演
鈴木大拙、西田幾多郎生誕150年記念。禅の心をオペラに乗せて。
指揮:ヘンリク・シェーファー 鈴木恵里奈 指揮者が変更になりました
,演出:三浦安浩 
2020年は哲学者・西田幾多郎と宗教学者・鈴木大拙の生誕の年でした。明治以降の日本を代表するこの2人の思想家は共に石川県出身で,金沢大学の前身の一つ,石川県専門学校や第四高等中学校(のちの第四高等学校)に在籍していた頃からの生涯の友人でした。その2人の伝記をもとにオペラ化した「禅 ZEN」が生誕150年だった2020年に初演される予定でしたが...東京オリンピック・パラリンピック同様に延期され,2022年1月,ついに初演されます。

作曲は,OEKのポップス系の演奏会で何度も客演されている渡辺俊幸さん,台本は元石川県ふるさと偉人館館長で劇作家でもある松田章一さんということで,親しみやすい内容が期待できます。出演する歌手は,過去,OEKが取り上げてきた「日本のオペラ」シリーズなどでもお馴染みの歌手が揃っている感じです。

個人的には,「大拙と幾多郎がアリアを歌う!?」というのが結構ドキドキしますね。

  • 渡辺俊幸作曲;松田章一台本:《禅 ZEN》 (全3幕・世界初演)

配役
中鉢聡伊藤達人(鈴木大拙,テノール),今井俊輔(西田幾多郎,バリトン),コロンえりか(ビアトリス(鈴木の妻),ソプラノ),鳥木弥生(エマ(ビアトリスの母),メゾソプラノ),高橋洋介(釈宗演,バリトン),原田勇雅(乃木希典,バリトン),森雅史(マッカーサー,バス),石川公美(女中,ソプラノ)

https://www.oek.jp/event/2583-2



■2022年01月29日(土) 14:00~ 石川県立音楽堂 コンサートホール
オーケストラ・アンサンブル金沢第450回定期公演マイスター・シリーズ
指揮:鈴木秀美

2022年になってもコロナ禍の影響は続いており,この公演も当初予定されていたエンリコ・オノフリさんの来日の見通しが立たなくなったため,指揮者が鈴木秀美さんに変更になり,プログラムも変更になりました。

ただし,鈴木秀美さんとOEKの共演は今回が初めてということで,OEKファンにとっては,サプライズのプレゼントとも言えます。ソリストは登場せず,鈴木さんとOEKのみで,ハイドンの交響曲2曲と2人のバッハの管弦楽曲をじっくりと楽しめます。

OEKは2021年,鈴木雅明さん,優人さん親子とそれぞれ共演しています。2022年は雅明さんの弟の秀美さんとの共演ということで,これで「コンプリート」という感じです。または,新しい関係の始まりとも言えそうです。

なお,この公演と同様のプログラムは,翌日,広島県三原市でも行われます。この時期,大雪になっていないことを祈りたいですね。

  • バッハ, J.S./管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV 1068
  • ハイドン/交響曲 第44番 ホ短調 Hob. I-44 「悲しみ」
  • バッハ, C.P.E./シンフォニア ロ短調 Wq. 182-5
  • ハイドン/交響曲 第94番 ト長調 Hob. I-94 「驚愕」

https://www.oek.jp/event/3884-2

2022年01月30日(日) 14:00~ 三原市芸術文化センター ポポロ



■2022年02月08日(火) 19:00~ 石川県立音楽堂コンサートホール
和洋の響 II 
指揮:広上淳一, 監修・案内役:池辺晋一郎,能舞:渡邊荀之助,篳篥:中村仁美, 箏:元井美智子
語り:石丸幹二


OEKは創設時以来,邦楽器とオーケストラが共演する作品を多数演奏してきましたが,昨年からは「和洋の響」と題して,能舞とオーケストラが新作で共演する演奏会を行っています。今年は,北方喜旺丈(きたかた ひろたけ)さんの「随喜乃涙」という新作が初演されます。解説を読んでもどういう音楽なのかよく分からないのですが...加賀宝生流能楽師,渡邊荀之助さんの能舞と合わせて,ファンタジスティックな世界が広がりそうです。

その他に,鈴木行一さんの「篳篥とオーケストラのための「森と星々の河」」が久しぶりに再演されます。石川県立音楽堂ができる前に聴き,とても良い雰囲気を持った作品だった記憶がかすかに残っています。タイトルだけみると,何となくスメタナの「モルダウ」の前半のような感じですね。どういう音楽だったのか楽しみにしたいと思います。

そしてもう一つの注目は,今年の9月からOEKのアーティスティック・リーダーに就任することになった広上淳一さんが指揮者として登場することです。このことが発表されてから,OEKを指揮されるのは初めてですので,一気に注目度の高い公演になりました。波乱万丈の冒険物語である,グリーグの「ペール・ギュント」の音楽は,ノルウェイのオーケストラで活躍されていた広上さんが得意とする音楽。テレビの音楽番組でもおなじみの石丸幹二さんの語りにも注目したいと思います。

  • 北方喜旺丈/随喜乃涙
  • 鈴木行一/篳篥とオーケストラのための「森と星々の河」
  • グリーグ ペール・ギュント組曲 作品46, 55(抜粋、語り付き)

https://www.oek.jp/event/4400-2



■2022年02月13日(日) 14:00~ 土岐市文化プラザ
土岐公演
指揮:垣内悠希,バセット・クラリネット:吉田誠

  • モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲 K. 492
  • モーツァルト クラリネット協奏曲 イ長調 K. 622
  • ベートーヴェン 交響曲 第7番 イ長調 作品92

https://www.oek.jp/event/4413-2



■2022年02月17日(木) 19:00~ 石川県立音楽堂コンサートホール
第451回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
指揮:井上道義

2月の定期公演には桂冠指揮者の井上道義さんが登場します。コロナ禍後,「代役」での登場が続いていましたが,「最初から井上道義さん」という定期公演は久しぶりかもしれません。取り上げるのは,得意のショスタコーヴィチ。そしてハイドン。井上さんのショスタコーヴィチ好きは有名ですが,ハイドンもとてもお好きですね。

今回はハイドンの交響曲第45番「告別」が演奏されます。1月の定期公演では第44番「悲しみ」が演奏されますので,「連番」ということになります。「告別」については,曲の性格上,後半最後に演奏されることが多いと思いますが,今回は恐らく前半で演奏されるはず。シアターピース的な作品が大好きな井上さんが,どういうパフォーマンスを見せてくれるのか,期待したいと思います。

後半に演奏されるショスタコーヴィチの方は,交響曲第15番。最後の交響曲です。その点で,「告別」に共通するテーマがあるのかもしれません。チラシの写真は「ほとんどモノトーン」で「深淵の覗く」というキャッチコピーが付いています。ショスタコーヴィチが自分の人生を振り返る,自伝的な作品ということで,井上さんにも色々と思うところがあるのではないかと思います。2月17日といえば,まだまだ寒い時期ですが,凍り付くような音の世界になるのかもしれないですね。期待しています。

  • ハイドン 交響曲 第45番 嬰ヘ短調 Hob. Ⅰ-45 「告別」
  • ショスタコーヴィチ 交響曲 第15番 イ長調 作品141

https://www.oek.jp/event/3879-2



■2022年02月20日(日) 15:00~ オーバードホール(富山市)
AUBADE SYMPHONIC WAVE 2022 富山公演
指揮:三ツ橋敬子,ヴォーカル:ASKA,八神純子,KAN,平原綾香,石崎ひゅーい,尾崎裕哉,雅楽師:東儀秀樹

https://www.oek.jp/event/4427-2



■2022年02月23日(水) 15:00~ 石川県立音楽堂 コンサートホール
辰巳琢郎・辰巳真理恵が贈る春いちばんコンサート with オーケストラ・アンサンブル金沢
指揮:田中祐子,案内役:辰巳琢郎,ソプラノ:辰巳真理恵,テノール:又吉秀樹

石川県オートバックスグループ和希株式会社主催による,辰巳琢郎・辰巳真理恵さんを中心とした公演です。ソプラノの辰巳真理恵さん,テノールの又吉秀樹さんによるオペラ・アリアや,「瑠璃色の地球」といったポップスまで,トークを交えた楽しいコンサートになりそうです。指揮はおなじみの田中祐子さんです。

  • ヴェルディ/歌劇《リゴレット》より 慕わしい人の名は
  • レハール/喜歌劇《メリー・ウィドウ》より ヴィリアの歌
  • J. シュトラウス2世/喜歌劇《ウィーン気質》より おはようペピ
  • 服部良一/蘇州夜曲
  • 平井夏美/瑠璃色の地球 ほか












ページの更新

LINK


OEKfan on twitter
ページの更新情報などをお知らせします。
2001 年9月6日開設