OEKfan  オーケストラ・アンサンブル金沢を応援するページ  管理人:金沢市在住hs(C)

このページは,オーケストラ・アンサンブル金沢(略称OEK)を応援するページです。OEKの演奏会を楽しむために役立つ情報を満載したいと考えています。
2017年11月の演奏会 今後の予定 backnumber


■11月18日(土) 14:00開演 (13:15開場)石川県立音楽堂コンサートホール
オーケストラ・アンサンブル金沢第395回定期公演マイスターシリーズ
指揮:ミヒャエル・ザンデルリンク,ピアノ:ゾフィー=マユコ・フェッター

今シーズンのマイスター・シリーズのテーマは「ドイツ紀行」と言うことで,ドイツのいくつかの都市にちなんだ作品を中心としたプログラムが演奏されます。その第1回は「フランクフルト」です。

指揮は,当初予定されていたペーター・ルジツカさんがミヒャエル・ザンデルリンクさんに変更になり,モーツァルトの交響曲と協奏曲を中心としたプログラムが演奏されます。フランクフルトについては,メンデルスゾーンがゲーテと出会った街ということでメンデルスゾーンが選ばれているようですが,モーツァルトの方のつながりは,よく分かりません。モーツァルトはヨーロッパ中を旅行していますので,フランクフルトとも何らかのつながりがあるのかもしれません。

今回の指揮者のミヒャエル・ザンデルリンクさんは,ベルリン生まれで,父上は名指揮者クルト・ザンデルリンクです。さらには,シュテファンとトーマスの2人のお兄さんも指揮者として知られていますので,ヤルヴィ家以上の指揮者一族と言えそうです。ミヒャエルさんは,かつてライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ほかでチェリストを務めており,現在はドレスデン・フィルの首席指揮者としうことで,「フランクフルト」とのつながりは,やはりよく分からないのですが,メンデルスゾーンやモーツァルトは得意のレパートリーだと思います。特に,名曲中の名曲である交響曲第39番をどう聞かせてくれるのかが楽しみです。

モーツァルトのピアノ協奏曲第18番で共演するゾフィー=マユコ・フェッターさんはドイツ人と日本人の両親を持つピアニストです。OEKとの共演も金沢での演奏も今回が初めてだと思いますが,どういうモーツァルトを聞かせてくれるのか楽しみにしたいと思います。ピアノ協奏曲第18番が実演で演奏される機会は,あまり多くありませんので,その点でも注目です。

現代ドイツの作曲家ヨストの「ゴースト・ソング」は弦楽オーケストラのための作品です。過去のOEKの定期でも,「未知の弦楽合奏曲」には,とても面白い曲が多かったので,今回の作品についても期待したいと思います。

  • メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」作品26
  • モーツァルト/ピアノ協奏曲 第18番 変ロ長調 K. 456
  • ヨスト/ゴースト・ソング (2017)
  • モーツァルト/交響曲 第39番 変ホ長調 K. 543

http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/concert/2017/11/395_1.html#more

この公演の翌日は,七尾でも公演が行われます。こちらは,違うソリストによる協奏曲が2曲入ります。こちらも大変楽しみな内容です。

■11月19日(日) 15:00開演 (14:30開場) 七尾サンライフプラザ 大ホール
七尾定期公演
指揮:ミヒャエル・ザンデルリンク, ピアノ:沼沢淑音, チェロ:横坂源

  • モーツァルト/交響曲第39番変ホ長調 K.543
  • シューマン/チェロ協奏曲イ短調 Op.129
  • グリーグ/ピアノ協奏曲イ短調 Op.16



■11 / 21 (火)  開場 18 : 30 開演 19 : 00 石川県立音楽堂交流ホール
音楽堂室内楽シリーズ:OEKチェンバー・コレクションU:OEK管楽器の名手たちによる木管五重奏曲の世界

今年度の音楽堂室内楽シリーズでは,OEKの各パートをしっかり活用した「やや大きめの室内楽曲」が取り上げられることが多いようです。「チェンバー・コレクションII」と題された今回は,木管五重奏曲とピアノ六重奏曲が演奏されます。

いずれも一般的には知られていない曲ですが,交流ホールでの演奏ということで,OEKメンバーの名技と迫力のあるやり取りを間近で楽しめそうです。登場するのは次の方々です。

ファゴット:柳浦 慎史
ホルン:金星  眞
フルート:松木 さや
オーボエ:加納 律子
クラリネット:遠藤 文江
ピアノ:鶴見彩

演奏されるのは,次のとおりです。一見,渋そうに見えますが,間近で聞く木管楽器の響きは色彩的に感じられるはずです。特にプーランクの六重奏曲では,生き生きとしたアンサンブルを楽しむことができると思います。

  • ヒンデミット:小室内音楽
  • ニールセン:木管五重奏曲
  • トゥイレ:六重奏曲
  • プーランク:六重奏曲

https://ongakudo.jp/event/2106



■11月23日(木祝) 15:00開演 (14:15開場) 能美市根上総合文化会館音楽ホールタント
能美公演
柳澤寿男 指揮,岩ア宏美 ヴォーカル


  • ビゼー 「カルメン」組曲より
  • チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より
  • 聖母たちのララバイ
  • すみれ色の涙
  • 思秋期 ほか

http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/concert/2017/11/post_458.html#more



■11月30日(木) 19:00開演 (18:15開場) 石川県立音楽堂コンサートホール
オーケストラ・アンサンブル金沢第396回定期公演フィルハーモニーシリーズ
指揮デイヴィッド・アサートン

11月後半のフィルハーモニー定期公演には,OEK初登場となる,デイヴィッド・アサートンさんが指揮者として登場します。アサートンさんは英国出身で,ロンドン・シンフォニエッタの指揮者としても知られた方です。今回のプログラムの前半で演奏される英国の音楽は,「お国もの」となります。唯一聞き慣れない作曲者,バートウィッスルという方も,現代の英国の作曲家です。

OEKが英国の音楽を取り上げる機会は比較的少ないのですが,英国出身のコンサート・ミストレスのアビゲイル・ヤングさんの弾き振りで行われた6月の定期公演での瑞々しい演奏は,まだ記憶に新しいところです。今回もまた,英国音楽の素晴らしさを引き出してくれる公演になることを期待したいと思います。

後半では,OEKが何回も演奏してきた,ベートーヴェンの交響曲第7番が演奏されます。「熱狂的なダンスミュージック」風になるのが一般的で,それを期待するお客さんも多いと思いますが,個人的には,現代音楽も得意とするアサートンさんには,一味違った解釈を聞かせて欲しいと思います。

  • エルガー/ 「夜の歌」「朝の歌」作品15
  • バートウィッスル/ヴィルレー(泉をじっと見つめている間)(2008)
  • ディーリアス/ 劇付随音楽「ハッサン」より間奏曲、セレナード
  • ブリテン/シンプル・シンフォニー 作品4
  • ベートーヴェン/交響曲 第7番 イ長調 作品92

http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/concert/2017/11/396.html#more


ページの更新

LINK


OEKfan on twitter
ページの更新情報などをお知らせします。
2001年9月6日開設